カードローン審査

カードローン審査
カードローンの審査は通るとは限らない

 私は50代の男性会社員ですが、若い頃から貧乏だったため、今までに何度も色々なカードローンの申請を行ってきました。そうした経験を重ねる中、当然のこととして審査が通る時と通らない時とがありました。もちろん、通れば嬉しいし通らなければ残念です。
 しかし、たとえ審査に通らなかったとしても、通らない時には、それなりの理由があるのです。ですから、落胆したり気落ちしたりすることはあっても、金融業者を恨むようなことはできません。むしろ、どうして審査が通らなかったのかを謙虚に反省して、改善すべき点はきちんと改善して、次回以降に繋げていかなければならないのです。
 実際、私も今までカードローンの申し込みで通らなかった経験は何度もありますが、その原因の多くは、複数の業者から借り過ぎていたためだということを反省したものでした。そのような私の借り過ぎの傾向は、総量規制の法律が施行されるずっと以前からあったものでした。ですから同法施行後は、更に申請は厳しくなってしまいました。

借金は冷静さを失ってはならない

キャッシングもまた、銀行などの一部の金融機関を除いて総量規制の対象になります。ですから規制に引っ掛かっている限り、なかなか申請は通りません。だからと言って規制対象外の銀行などに安易に申し込んでも、やはり審査は簡単ではないのです。
 私もそのような経験を通して、何度も歯がゆい思いを味わってきました。「どうして総量規制ななどというくだらない法律ができたのか」と腹を立てたこともありました。しかし、カードローンもれっきとした借金ですから、使い過ぎによる破綻などから利用者を守るためにも必要な規制なのです。それを忘れてはなりません。
 ただ、そのことを頭では分かっていても、心の中には釈然としない思いは残ってしまうのです。そんな時は、私は返済の苦労のことを考えるようにしています。その苦労は実に苦しいものです。その苦しみを思うと、カードローンも審査が通らないほうが自分のためだとも思えます。
 とにかく、借金については冷静さを失ってしまってはいけません。

おすすめサイト

HYENA7.com・・・キャッシングやカードローンの申込〜審査までをサポートするサイト。ユーザーから集めている口コミ数や、一つ一つの会社へのレビューは圧巻!